佐々木のプロフィール

  • 1961年7月福島県生まれ
  • 1983年(23歳)
    東京のソフトウェア会社に就職
    顧客(企業)の業務分析、経理分析、導入するプログラムの設計を担当
  • 1987年(26歳)
    帰郷 仙台市太白区にソフトウェア開発を主とする
    総合コンサルティング会社を設立
    企業の業務分析、経理分析、経営効率分析を担当。
    社員4名
  • 1994年(33歳)
    大手住宅メーカー専属設計担当会社と合併。取締役に就任
    メーカーの積算、工程管理、顧客管理、業務管理、などの業務分析、
    改善提案などを担当
  • 1999年(38歳)
    住宅メーカーの企業姿勢に疑問を感じ退職
  • 2000年(39歳)
    本業のかたわら、住宅業界の体質改善策を体系化する
  • 2002年(41歳)
    NPO法人ハウジングネットコンシェルジュを設立
    セミナー講演、HPの作成、相談業務などを担当
  • 2003年(42歳)
    宮城県庁から招聘を受け住宅問題の講演を行う
    宮城県庁「みやぎ版住宅」の企画作りに参画する
  • 2006年(45歳)
    茨城県庁から招聘を受け消費者セミナーの講演を行う
  • 2009年(48歳)
    フジテレビスーパーニュース 特別番組出演
  • 2011年(50歳)
    国土交通省から「バリアフリー改修体制整備プロジェクト」認定を受け
    1億円の助成金枠を受け、改修者への補助金に使われた
  • 2015年(54歳)
    マンション傾斜問題でフジテレビFNNみんなのニュース出演

―――――  現在に至る  ――――――

所有資格
宅地建物取引主任者
FP技能士
第1種情報処理技術者

現在の仕事   パワード・シャツの開発製造、不動産賃貸など
宗教観     神道。日本人だから神社が好きです。
座右の銘    ピンチはチャンス

将棋、落語、さだまさし、温泉(つまりおやじが好きなもの)

私の根っこはシステムエンジニアです。
だから世の中の間違ったシステムを改善することに強い関心があります。

残念ながら住宅業界では間違ったシステムで家が建築されています。
私はこのNPO活動を通じてその仕組みを改善したいのです。

このNPOの活動はまだ小さい活動ですが。
たくさんの成功事例を通して正しい建築システムをお見せしたいのです。
これが一般的になれば宮城県から欠陥住宅やトラブルがすべてなくなります。
その日を本気で夢見ています。