160 住宅会社に土地を見てもらった後のトラブル

家を建てる際には土地が必要です。 ある方は不動産屋さんに直接行って契約をしてしまいますがそれは危険です。 なぜなら不動産屋さんはあなたの希望する家が建てられるかを判断できないからです。 もしかしたらあなたの希望する家や庭がその土地にはいらないかもしれません。

ですから土地を決める前に必ず住宅会社(建築士)に土地を見てもらう必要があります。 ところがそのために住宅会社の立場が強くなり、他の住宅会社と比較することが難しくなるケースがあります。 「土地を世話したのは私たちだから、家も絶対に契約してくれないと困ります」と言われて困った、との相談が実際に何件も入っています。そうなると相見積もりも取れなくなります。 住宅会社に土地の件を依頼する前に確認すべき点をお教えしますね。 土地を見てもらう前にこう言って確認を取ればOKです。

「土地の紹介をお願いする代わりに住宅の契約は優先的に考えますが確約はできません。それでよろしいですか?」 もしそれで「ノー」と言われたらそこに依頼するのはやめましょう。 必ずこの確認を受け入れる会社を選ぶべきです。

そうすれば後の憂いを防ぐことができます。


 

◇新築前の家つくり相談!

◇欠陥住宅でお困りの方!

◇見積書・契約書のチェック!

◇契約後に金額が上げたくない

無料個別相談へお越しください