141 土地を探してもらう時に一つだけ確認すべきこと

家を建てる際には土地が必要です。 ある方は不動産屋さんに行って土地を見つけて契約しますが、 実はそれはとても危険です。

なぜなら不動産屋さんはあなたの希望する家が建てられるかを判断できないからです。 もしかしたらあなたの希望する家や庭がその土地に入らないかもしれません。 ある方は土地を買ってから住宅会社に相談に行ったら 「この土地に希望の配置はできません」と断られました。

日影規制に引っかかってしまったのです。 ですから土地を決める前に必ず住宅会社(建築士)に土地を見てもらう必要があります。 ところが住宅会社に依頼すると、会社の立場が強くなり、他の住宅会社に 行きにくくなります。 「土地を世話したのは私たちだから、家も絶対に契約してくれないと困ります」と 言われて断れなくなることがあります。 それを防ぐために住宅会社に土地を依頼する前に確認すべきことがあります。 住宅会社に土地を見てもらう前にこう話してください。 「土地の紹介をお願いする代わりに、住宅の契約は御社を優先的に考えますが 確約はできません。それでもよろしいですか?」 もし「ノー」と言われたらそこに依頼するのはやめましょう。

この確認をしてから会社を選べばトラブルになりません。 住宅建築はたくさんのトラブルがあります。 こうした小さい積み重ねがあなたを守ってくれることでしょう。


 

◇新築前の家つくり相談!

◇欠陥住宅でお困りの方!

◇見積書・契約書のチェック!

◇契約後に金額が上げたくない

無料個別相談へお越しください