128 注文住宅における住宅業者の選択ミス

家を建てる時に最初に「チラシが入ったから、展示場にあったから」と 住宅会社に行く人がいます。 営業マンとの話が具体的になるにつれ要望がたくさん出てきます。 すると営業マンは自社でできないことは 「これをやると高くなりますよ」「無理ですね」などと止めにかかります。

そして最終的には希望と、かけ離れた家が出来上がってしまいます。 一生住む家なのにもったいない話ですね。 実はたいていの住宅業者はコストや技術力の関係でやることを限定します。 そのためにこのような住宅業者の選択ミスが起きるのです。 でも最初の段階では「なんでもできます」と言って、契約後に「これはできません」に 変わるため施主さんにはどうしようもありません。

住宅業者を選ぶ前に、ご家族で家について具体的な要望を話し合うのは いかがでしょう。 それからご家族の希望を確実にかなえてくれる業者を選びます。 そして金額も家の仕様も間取りもすべて決定してから契約に進みます。 そうすれば確実に満足の行く家を建てられます。 もしも具体的な要望がご家族だけでは出ないと感じましたら個別相談においでください。 具体的な方法をお話させていただきます。


 

◇新築前の家つくり相談!

◇欠陥住宅でお困りの方!

◇見積書・契約書のチェック!

◇契約後に金額が上げたくない

無料個別相談へお越しください