117 深刻な職人不足

現在、復興需要のため職人がだいぶ不足しているようです。 深刻な状況といえるかもしれません。 工期の遅れが問題になっています。 中には建築の途中で長期間放置されている例もあります。

それに伴ってひとつ気になる事があります。 立場上、たくさんの住宅会社の方とお会いしますが、棟数が伸びていないところはたいてい「大工がいなくて。」と嘆いているのです。 まじめな会社は「時間がかかります。」と正直に言って契約が取れず、職人の手配ができなくても「すぐ着工できます。」と軽く言う会社が契約を取れる。 そんな風潮を感じます。

つまり正直な情報公開をしている会社が損をしている可能性を感じるのです。 情報公開をしない会社が職人の実績やスキルが説明することはあまりありません。 現場の職人事情が不明瞭なのは施主さんにとっても大事です。 だれが作るか?は工事の質に直結するからです。 今はとても難しい時期ですが、一軒でも多くの家が正しく施工されることを心から願っております。


 

◇新築前の家つくり相談!

◇欠陥住宅でお困りの方!

◇見積書・契約書のチェック!

◇契約後に金額が上げたくない

無料個別相談へお越しください