115 有名工務店の手の込んだ手口

Aさんは新築を建てる前にNPOに相談に来られた方です。 正しい家づくりの手順を学ばれました。 その後、ある地元の有名工務店と打ち合わせをしました。 トラブルの起こらない正しい手順で話が進んでいたそうです。 デザインや設備も気に入りました。

契約前に必要書類もすべて揃っています。 価格は手の届く金額が提示されました。 Aさんご夫婦はとても気に入りました。 でも、たった一つだけ不安なことが。 提示された金額が、NPOから聞いていたこの工務店の相場よりはるかに安かったのです。 「契約後に金額が上がるのではないか?」 Aさんが聞くと営業マンが断言しました。「この内容でしたら、金額は絶対に上がりません。」 そこでAさんは契約に踏み切りました。

ところが契約後に営業マンから驚きの一言が。 「実はこのプランはコストを下げるため二階にクーラーが付けられない仕様です。」 もちろんそんなことは素人には見抜けません。 当然のことながらAさんが「それは困る。」と抗議すると、 営業マンは「そうですよね。ではすべて破棄して、最初からプランし直しますね。」 それから出てきた見積金額は契約時のプランよりはるかに高い金額でした。 この金額こそがNPOから聞いていたこの工務店の相場だったのです。 「これでは初めの約束と違う。」と抗議しましたが、相手にされません。 「契約を解除すると高額の違約金がかかるそうです。」とうなだれるAさん。 私たちも「こんな手口まで使うのか。。。。。」と脱力感を覚えました。 こんな手口を使われては、一般の消費者では太刀打ちできなくなってしまいます。 「NPOさんの情報は、やはり正確だったのですね。」 Aさんのつぶやきが心に刺さります。 こうしてAさんは35年間、余分な負担を強いられることになりました。 せっかく事前に相談に来ていたのにこんな結果になったAさんご夫婦がとても気の毒でした。

PS. 私たちはすでに何回か、この手口を確認しています。 この他にもいろいろな手口があります。

すべてを出すと業者への情報提供になりかねません。 そのため一部の手口だけを警告の意味で出させていただきました。


 

◇新築前の家つくり相談!

◇欠陥住宅でお困りの方!

◇見積書・契約書のチェック!

◇契約後に金額が上げたくない

無料個別相談へお越しください