県外からも相談が来るのですが。

おかげさまで「マイホーム建築の罠」が売れています。
先日3刷りが出始めました。
すでに出版して丸4年になろうとしてますが、アマゾンの売れ筋ランキングでも家づくりのカテゴリーで安定して上位にいます。

ありがたいと思うと同時に宮城県と同じ罠で全国の人が悩んでいるのだなと考えると複雑な心境になります。
先日も本を読んだ方から相談のメールがありました。
「私も悪徳業者から本の事例とまったく同じことをされて大きな損害が出ました。どうすればいいでしょう」

本にも書きましたが、住宅建築のトラブルは起こった後の解決は困難なことが多いのです。
その方の場合も同様でした。
私は弁護士か警察に相談することをお勧めしました。

私は本業をしながら合間に宮城県限定で家づくりのお手伝いをしているだけなので、こうした相談を受けても対応できないのがつらいところです。

宮城県以外の方でこれから家を建てる方はぜひ建てる前に私の本を読んでください。
そこに書いてあることは絵空事ではありません。

マイホーム建築の罠

どうか一人でも多くの方が良い家を建てられますように。


 

◇新築前の家つくり相談!

◇欠陥住宅でお困りの方!

◇見積書・契約書のチェック!

◇契約後に金額が上げたくない

無料個別相談へお越しください

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です