「マイホーム建築の罠」新聞広告が出ます

私の著作「マイホーム建築の罠」がおかげさまで順調に売れているそうです。
この手の本はあまり爆発的に売れないのですが、意外に評判が良いようで版元さんから3刷りのご連絡を頂戴しました。
発売から2年半が経過しましたが、売れ行きが落ちていません。

版元さんから8月4日付けの毎日新聞の全国版に広告を出すとのご連絡を頂戴いたしました。
関心がある方はご覧いただければ幸いです。

私が拙著で問題提示をしていることは一般の建築士では決して言わない(言えない)ことです。
一人でも多くの方が家造りで泣かないためにこれからも本が売れてほしいです。

これからの世代は定年までに2000万円を貯めねばなりません。
だからそのためにも住宅建築で予算を大幅に超えることは許されません。

時折相談があるのが、契約後に私の本やサイトに書かれている状態に陥った人からの電話です。
数百万から1000万もの金額が上がった話を伺うと私もつらくなります。

しかし契約してしまうと解決は難しいので私たちもお役に立てません。
彼らは「契約前に来ていれば」と悔やまれるものの、「契約前にはまさかこんなことになるとは思っていませんでした」と異口同音に言われます。

こんな人のためにも私の本が書店に並び続けることを願います。
宮城県にお住まいの方は個別相談もご利用ください。契約前にお待ちしています。


 

◇新築前の家つくり相談!

◇欠陥住宅でお困りの方!

◇見積書・契約書のチェック!

◇契約後に金額が上げたくない

無料個別相談へお越しください

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です