88 地元メーカーの倒産が相次ぐ

4月は宮城県の住宅業界に激震が走りました。 地元の有力メーカーが相次いで破産したからです。 おのおのが有名な会社でしたからきっと多くの方が驚いたことでしょう。 しかし私は「ついにこの日が来たか。」と思いました。 なぜなら、このうちの2社が、かなり苦しいという情報は かなり以前から業界内では噂されていたからです。 ある一社は社員の給与遅配が続いており社員のモチベーションが低下していました。 別の一社は職人への支払いが滞っているという話を以前から聞いていました。 個別相談であらかじめ情報を得ていた方は、ほっと安堵の胸をなで下ろしている ことでしょう。 (個別の会社名はホームページでは出すことができません。ご了承ください。) しかし建築途中の現場はどうなるのでしょう。 アフターは大丈夫なのでしょうか? 被害者の方が心配です。 私は倒産する業者はまだまだ増えると見ています。 なぜなら、苦しいと言われている業者が増えているからです。 今回倒産した会社はいずれもデザイナーズハウスや展示場を展開している 地元では知名度の高い会社でした。 これからは「有名な会社=安全」という公式は必ずしも成り立たない可能性があります。 今回倒産したある会社の帳簿を見ましたが、帳簿上は黒字決算になっていました。 これは外部からは、会社の経営状態が分かりにくいことを意味します。 しかし一方では、会社の大小にかかわらず、健全な経営をしている業者があることも 事実です。

————————————————————-

土日の時間をつぶしてNPOまでおいでになるのはかなりの負担だと思います。 でも私たちの言葉にちょっとだけ耳を傾けてみませんか?


 

◇新築前の家つくり相談!

◇欠陥住宅でお困りの方!

◇見積書・契約書のチェック!

◇契約後に金額が上げたくない

無料個別相談へお越しください