効率的にお金をつかう方法

新聞を見たら「出版相談会」という広告が出ていました。
記念に本を作りたい方がターゲットのようです。

私は2冊出版した過程で出版業界を多少は知ったのでご説明します。

この相談会は自費出版のための相談会です。
自費出版の長所は自分の好きな内容で本が作れますし、お客様として扱われるところです。
厳しい指摘を受けることもありません。
そのかわり印刷代、紙代、会社利益などのすべての経費を自分で支払わねばなりません。
費用は一般的に200万円から300万円くらいかかります。
出版社の経路で有名書店の「自費出版コーナー」に本を並べることはできますがほとんど売れのこるため知人友人に配って終了になることが多いです。

自費出版の他にもう一つの出版方法があります。
それが商業出版です。

私は商業出版セミナーに参加して本を出版できました。
こちらは自費出版にくらべてとても厳しいです。
企画書書きも大変ですし、本の内容も編集者さんから厳しい指示を受けながら短い期間でクオリティーの高い原稿を提出しなければなりません。
当時は本当にヘロヘロになりました。
3ヶ月で10万文字書かねばなりませんからとても大変です。

そのかわり良いこともあります。
出版セミナーから企画提出までにかかった費用はなんと3万円です。
さらに普通に流通に乗るため本はたくさん売れます。
私の本も増刷されました。何千人もの方が購入くださったのです。

200万円と3万円。同じ目的でも大きな違いですね。
(もちろん商業出版でも価格の高い出版コンサルさんは山のようにいます。私が行ったセミナーを知りたい方はお問い合わせいただければお教えします)

この経験から学んだことは
「効果的にお金を使うためには、正しい知識と努力が必要」ということでした。

もちろんお金を使って自費出版するのも悪いことではありません。
どちらを選ぶにしても選択肢が多いことが大事ですね。

あなたはどちらのタイプですか?

では住宅建築やアパート建築の際にはどちらを選択しますか?

どちらを選択するにしても、正しい知識は大切です。
選択肢を増やすために、個別相談においでになることをおすすめします。


 

◇新築前の家つくり相談!

◇欠陥住宅でお困りの方!

◇見積書・契約書のチェック!

◇契約後に金額が上げたくない

無料個別相談へお越しください

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です