消費税の増税直前のトラブル

消費税が平成31年10月1日から8%から10%に上がります。

注文住宅は価格が高いですから影響は大きいですね。
例えば3000万円の住宅なら2%は60万円も多く消費税を支払うことになります。

消費税が8%のうちに家を建てたい人はどうすればいいでしょうか。

平成31年(2019年)3月31日までに請負契約を締結することです。
これまでに契約した住宅は、同年10月1日以後に引渡しの場合でも改正前の税率(8%)が適用されますます。

ほとんどの住宅会社が教えない大事なことがあります。
それは期日ギリギリに契約をしてしまうと思わぬ落とし穴に落ちる可能性があるということです。

直前になると住宅会社も非常に忙しくなります。
そのため営業マンと十分な打ち合わせをしないまま契約せざるを得ないケースが見られます。

一番ひどい例では図面も仕様書もまともな見積書もない状態での契約でした。
悪い言い方をすれば業者に白紙委任状を預けたようなものです。

もちろん業者が良心的であれば普段のその会社の金額で建築することでしょう。
でも消費者の側から見ると後から出る見積もりが高いのか安いのかが全くわからないのです。

こうした事例は消費税が5%から8%に上がった時にみられました。

ですからこれから家を建てる人はぎりぎりにならない今のうちからじっくりと住宅業者さんと打ち合わせを重ねてほしいのです。

あなたが良い家を建てられるように私たちもお手伝いをしてまいります。




 

◇新築前の家つくり相談!

◇欠陥住宅でお困りの方!

◇見積書・契約書のチェック!

◇契約後に金額が上げたくない

無料個別相談へお越しください

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です