38 監理をあきらめたケース

地元大手住宅メーカーで家を建てる方から監理を依頼されました。メーカーは施主には「NPO監理を受け入れます」と言って契約をしました。しかし実際に工事が始まると、担当者の嫌がらせにも近い非協力的な態度によって、監理をあきらめた初めてのケースになってしまいました。メーカーを信用して契約した施主さんが大変に気の毒でした。 このメーカーの態度が理解できず、その後調査をしました。すると仙台の裁判所で20件の裁判を抱えていることが判明。受注棟数から考えても異常なほど多い数です。これではとても第三者の監理など入れるわけがありません。そして問題の根が深いことをあらためて知らされました。


 

◇新築前の家つくり相談!

◇欠陥住宅でお困りの方!

◇見積書・契約書のチェック!

◇契約後に金額が上げたくない

無料個別相談へお越しください