164 冷静に考えさせない住宅会社

住宅会社には後ろめたいことを隠すため、消費者に冷静に考えさせない術を
使う会社があります。

誰しも冷静に考えれば正しい答えが出せても慌てると間違ってしまうものですね。

だから後ろめたいことがある会社は消費者を慌てさせることが上手です。

そんな住宅会社を見ているととてもつらい気持ちになります。

例えば「あなただけに特別キャンペーンがあります。3日以内に契約すれば
坪当たり1万円も安くなります。それを過ぎたら無効になります」などと
真顔でいいます。

ところが不完全な見積だけを渡しているため、元になる金額が
確定していないのです。

これでは意味がありませんね。

あとで痛い目にあうことは間違いありません。

冷静に考えればおかしいのですが、慌てて契約をしてしまう人がいるからこそ、
こんな古典的な手口が今でも使われているのでしょう。

面白いのはそれを断ると期日が過ぎてから営業マンが「所長にお願いして
特別にキャンペーンを3日だけ伸ばしてもらいました。
もうチャンスは2度とありません」と言いに来ることです。

家は高い買い物です。だから冷静に判断して下さい。

少なくても必要な情報を出さない会社や消費者を慌てさせる会社は
オススメできません。

家を建ててもらったら一生お付き合いするのです。

だから施主さんの事を第一に考えてくれる会社を選びましょう。

そんな良心的な会社ならばマイホーム建築もうまく確率がグンと
高まることでしょう。


 

◇新築前の家つくり相談!

◇欠陥住宅でお困りの方!

◇見積書・契約書のチェック!

◇契約後に金額が上げたくない

無料個別相談へお越しください