161 営業マンとの相性で住宅会社を決めてはいけない

ある本に「相性のいい営業マンのいる会社で家を建てましょう」と
書かかれていました。

ちょっと驚きました。おすすめできない考え方です。

もちろんいやな営業マンと付き合う必要はありませんが、
営業マンだけで決めるのは危険です。

営業マンは信頼できる人に見えたとしても会社の命令に従順な
企業戦士だからです。

会社が「銃を撃て」と言えば躊躇なく銃を撃ちます。

住宅トラブルに遭った人が「とても良い営業マンだと思ったのに」と嘆きますが、
彼は会社の方針に従ったまで。

だから重要なのは営業マンとの相性ではなく住宅会社の姿勢です。

私たちは13年間たくさんのトラブルを見てきました。

会社の姿勢がしっかりしていればトラブルにはなりません。

でも会社の姿勢がおかしければ信頼できそうな営業マンでも
トラブルが起こります。

感じの良い営業マンがたくさんいる会社なのにトラブルが多い場合もあります。

なぜなら高い営業経費が現場や家の価格にしわ寄せが来ているからです。

会社名やトラブルの証拠をホームページには出せませんが、
個別相談ではトラブルの証拠をお見せしています。

皆さんが真実を知り、正しい方法で家造りをされることを願っております。


 

◇新築前の家つくり相談!

◇欠陥住宅でお困りの方!

◇見積書・契約書のチェック!

◇契約後に金額が上げたくない

無料個別相談へお越しください