131 10年後、20年後を目指したアドバイス。

個別相談で家づくりのアドバイスをする際に私が気をつけていること、
それは相談者が10年後も20年後も30年後でも私の友達でいてくれるようなアドバイスをするということです。

耳触りの良い話の方が人気はあると思います。
でも家は何十年も住み続けます。
だからずっと役立つアドバイスが必要だと思っています。

住宅は構造上の瑕疵担保責任ですらわずか10年です。
多くの住宅がその先を考えて作っていないような気がしてなりません。

営業マンもそんな先の話をする人はまずいません。
(ちなみにメーカーの長期保証にはトリックが隠されているので注意が必要です。)

——————————————————————

先日嬉しいことがありました。
11年前にお手伝いさせていただいた方の後輩がNPOに来てくださったのです。

相談者は先輩のKさんからこちらを紹介されました。とのことでした。
「家を建てるならぜひNPOにいろいろ聞いてごらん。」と。

私もすぐ思い出しました。
KさんはNPOが始まった頃に会った方です。
すぐにNPO監理を入れて家を建てました。
その後もご縁があり何回かお目にかかっていた方です。

「こうして他の方を紹介してくださるのだから、あの時のアドバイスは間違っていなかったのだな。」と安心しました。

その方が20年後も30年後もNPOを紹介してくださればうれしいですね。

実はNPOにはこうした紹介の方がとても多いのです。

これからも喜ばれるアドバイスをし続けたいと願っています。

 


 

◇新築前の家つくり相談!

◇欠陥住宅でお困りの方!

◇見積書・契約書のチェック!

◇契約後に金額が上げたくない

無料個別相談へお越しください