欠陥住宅 現場写真 FILE7

明らかな欠陥工事。そして法律違反。

火打ち土台への給水管の貫通。

火打ち土台とは、軸組土台の隅角部に設置し、床剛性を確保する部材のことを言います。 
軸組の木材に、強度を低下させるような断面欠損があってはなりません。

特に洗面室下部等において、設備配管のため、床根太や土台火打材の貫通や欠損等、部材の断面欠損を生じる場合があります。 
もちろん、どんな理由があれ床組材の貫通による断面欠損は許容されるものではありません。

止むを得ない場合があるとしても、最低限、補強等を施す事はできるのではないでしょうか?
上の写真の場合、構造上の瑕疵・欠陥部と言わざるを得ません。

建築基準法には、「構造耐力上主要な部分に使用する木材の品質は、節、腐れ、繊維の傾斜、丸身等による耐力上の欠点がないものでなければならない。」とはっきりと謳われています。

 


 

◇新築前の家つくり相談!

◇欠陥住宅でお困りの方!

◇見積書・契約書のチェック!

◇契約後に金額が上げたくない

無料個別相談へお越しください